読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールは繋ぐよどこまでも

ただのサッカーと投資と旅好きです。”世界で一番愛されるスポーツはサッカーである”これを信じて世界飛んでます(笑)主に観察メインです。

航空機搭乗レビュー:シンガポール航空(バリ島-シンガポール)

スポンサードリンク
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

〈航空会社〉シンガポール航空

〈搭乗日時〉2017/01/08(日) 11:55発 バリ島・シンガポール
〈運賃〉¥22,444
〈総評〉★★★★★

 

 

この旅中、一番満足度の高い空の旅を提供してくれたのがこのシンガポール航空でした。

機内サービスも文句なしの満足感でした。

 f:id:Doragon-Fund:20170223213237j:image

スポンサードリンク

 

 チェックイン~搭乗

日曜の午前中という時間帯でしたが、空港自体あまり人気のない状態でした。

f:id:Doragon-Fund:20170223213302j:image

軽く見渡した感じでは、ほぼ私の乗る便のお客さんしかいないような雰囲気でした。

ここではLCCと異なり受託手荷物の重さに気をもむ必要なく搭乗できるので、とてもリラックス状態でした。超観光地ということもあり各搭乗客の荷物はLCCのチェックインカウンターでみるものとは段違いに多いこともあり、カウンターでの手続きで1人当たりにかかる時間はやはり多く、スムーズに、とまでは行きませんでしたが、受託手荷物1個に機内持ち込みするリュックとメッセンジャーバック各1個ずつの荷物で問題なくチェックインできました。

 

チェックイン後、すぐ保安検査場・出国審査があるのですが、人もほぼいないこともあり並ぶことなくクリアできました。

観光地とは思えないほどのスムーズさで、まるでど田舎の空港と見間違うほどでした(笑)

ピーク時だとどれくらいになるんですかね?異常なほど人がいませんでした。

 

出国審査後免税店等の間を抜けて搭乗ゲートまで進むのですが、ここからが今回のシンガポール航空の空の旅で唯一の不満点でした。

 

それは”搭乗ゲートの位置”でした。

 

一般的に、LCC等の格安航空の搭乗口が所謂不便な場所にあると思うのですが、今回の場合はシンガポール航空です。

しかし、出国審査を抜けたところから搭乗ゲートは一番遠い場所にありました…。 

搭乗開始まではまだ20~30分時間があったため、当初はどこかカフェで休憩するつもりでした(バリ&シンガポールは家族と合流していたためラウンジ利用なし)。

しかし目に入ったカフェが中華系ぽいということもあり、「この先にも何かしらカフェあるだろうし、なんとなくここはやめておこう」ということで搭乗ゲート方面に向かうことになりました。

ここから先が予想外でした。

ゲートまでが遠い、物凄く遠い。

 

歩けど歩けどつかない。

 

それに加えて、お店がない。

 

お土産屋さん的なお店もないです。

もちろんカフェなんて一切ありません。

ところどころ飲み物やお菓子等を売っている小さな売店がある程度で、他に搭乗時間までお土産の買い足しをするようなところもありませんでした。

 f:id:Doragon-Fund:20170223213359j:image

そして搭乗ゲートがターミナルの一番奥にあり、出国審査抜けてから約10~15分程度歩きました…

何度も「まだ?まだ?」と家族と言い合いながらひたすら歩きました(笑)

搭乗時間10~15分前に到着し、結果的にカフェによらなくて良かったくらいの時間になりました。

お年めした方は本気で結構ツライと思います。

ここは乗る便にもよるんでしょうが。

 

スポンサードリンク

 

機内:どこに文句付けたらいいの?

機内サービス、一切文句ありません。むしろどこかで言いたいくらいです。完璧でした。

後ろに人が詰まっていて急いで撮ったのでぶれちゃってますが、まずはこれ。

f:id:Doragon-Fund:20170223213528j:image

f:id:Doragon-Fund:20170223213438j:image

枕にブランケット等がついていました。

「日中の便だからいらない」という方もいるかもしれませんが、結構エアコン効いていて寒かったり旅の終わりで疲れている方も多いのでとても良いサービスだと思います。

他のナショナルフラグシップにも乗りましたが、長期路線以外でこれが最初からある航空会社は他にはありませんでした。

私は枕を腰と座席の間の隙間に挟んでフィットさせ、少し肌寒かったのでブランケットもしっかりと使わせていただきました。

 

シンガポール空港は機内エンターテイメントも日本人にとって非常に満足いくものでした。

f:id:Doragon-Fund:20170223213557j:image

アジアの航空会社で日本映画を提供していることは良くあるのですが、シンガポール航空の場合にはその質もとても良いものです。

後に利用するマレーシア航空の場合には日本映画の取扱がなく、大韓航空でも人気のある作品はありませんでした。

しかしシンガポール航空の場合には、「シン・ゴジラ」や「君の名は」、「真田十勇士」等人気が高く映画館でもまだ放映されているような作品まで豊富に取り扱いがされていました。残念ながら映画をしっかり観るには少し短い飛行時間でしたが…。

 

機内食ももちろん美味。

f:id:Doragon-Fund:20170223213627j:image

しっかりと全部おいしくいただきました。

 

 

 

シンガポール航空は全てにおいて本当に文句のつけようのない航空会社でした。

f:id:Doragon-Fund:20170223213704j:image

伊達に5年連続エアラインランキング1位を獲得していない会社だと感じました。

ここで不満の出る人はどの航空会社でも満足しないでしょう。

f:id:Doragon-Fund:20170223213738j:image

そういう方は是非、プライベートジェットで行ってください‼︎

 

 

以上!