読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールは繋ぐよどこまでも

ただのサッカーと投資と旅好きです。”世界で一番愛されるスポーツはサッカーである”これを信じて世界飛んでます(笑)主に観察メインです。

航空機搭乗レビュー:エアアジア(シェムリアップ-クアラルンプール) 

スポンサードリンク
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

〈航空会社〉エアアジア

〈搭乗日時〉2017/01/03(火) 08:35発 シェムリアップ-クアラルンプール
〈運賃〉¥12,204
〈総評〉★★☆☆☆

 

 

カンボジアの一地方都市ですがアンコールワットという世界遺産もあり、世界中からこの小さな都市に世界中から人が集まってきます。

そのためここシェムリアップにも小さいながら国際空港を持っています。

ここ数年でできたばかりの空港であり、非常に綺麗で居心地のいい空港です。

 f:id:Doragon-Fund:20170221224519j:image

スポンサードリンク

 

宿から空港まで

私は朝8時半の飛行機ということもあり6時半頃に宿からトゥクトゥクで空港へ。

シェムリアップ市街から空港までであれば、だいたい5ドル程度で行くことができます。

ブログを見ると「交渉して4ドルにしてもらった」という人もいましたが、1ドル程度なので早朝割増分としてそこまで値切りませんでした。朝から値切りで時間取るのも無駄に疲れますからね(笑)

これくらいの朝の時間帯であれば朝焼けも非常に綺麗なので、トゥクトゥク移動の方は是非その朝焼けのキレイさも楽しむことをおススメします。

f:id:Doragon-Fund:20170221224625j:imagef:id:Doragon-Fund:20170221224656j:image

 

チェックイン~搭乗時間まで

エアアジアのチェックインカウンターは出発時刻の2時間前に開きます。

プライオリティパス会員で少しでも早くラウンジに入って貧乏バックパッカーらしからぬゆったりとした時間を過ごしたい人にとっては、3時間前には、もしくはそれより早く荷物を預けて「少しでも早く」「少しでも長く」ラウンジに行きたいという思いが強いため、ここはチェックインカウンター開いてすぐに荷物預けたいものですよね…

この点も、あまり挙げられていませんがLCCということで我慢せざるを得ない点のひとつになるのだと思います。

 f:id:Doragon-Fund:20170221224727j:image

これはエアアジアに限らないことなのですが、ヨーロッパのLCCに比べ、アジアのLCC各社は機内持ち込み荷物の重量やサイズについてのチェックが甘めだなという気がします。

搭乗の時に「あれは制限超えてるんじゃないの?」という荷物を持った人がちらほらいました。しかしほぼ全ての人が何も言われずに荷物を持ち込んでいるようでした。

この辺もアジアの気質なんですかね?(笑)

 

あとこの空港の面白いところは、「全ての搭乗便で機体まで歩いてから搭乗する」という点です。

ボーディングブリッジなんて洒落たものはひとつもありません。

ボーディングブリッジが架かるほどターミナルの近くに機体が停まることもなければ、そもそもシェムリアップ空港自体2階がありません(搭乗客はいけない)

みーんな仲良くテケテケ歩いて機体まで行きます。

天気が良ければ空気も綺麗で気持ちいですが、雨のときは最悪でしょうね…

f:id:Doragon-Fund:20170221225731j:image

 

機内:これぞLCC

この時点で飛行機移動は福岡-仁川間合わせると7回目。

しかしアジア最大のLCCであるエアアジアは今回が初めての搭乗。

知名度は日本でも抜群の高さを誇りますが、九州民の私にはこれまでの縁のない航空会社でした。

世界一周旅の7回目の飛行機搭乗でようやく乗れたLCCでしたが、

機内はサービスも含め、一言でいえば「よくも悪くもLCCだったな」という感想でした。

座席の狭さやシートの綺麗さ等をはじめとして、”価格なり”という言葉が一番しっくりくる航空会社です。

サービスは全て有料で客室乗務員の数も必要最低限です。

ただ私の乗った便の客室乗務員はよく教育されているなーと感じる人で、たまに聞くような不快さを感じるところはありませんでした。

f:id:Doragon-Fund:20170221224810j:image 

機内は欧米系の人にも人気の高いシェムリアップ発ということもあってやや騒がしめだったことはありましたが、これももう慣れつつあります。

 f:id:Doragon-Fund:20170221224842j:image

スポンサードリンク

 

 

知名度でいえばトップクラスを誇るエアアジア

LCCを有名にしたともいえる存在で、そのサービスはどれほどのものかと楽しみにしていました。

上記にも書きましたが、これこそLCCといった、LCCのイメージそのままの航空会社でした。

f:id:Doragon-Fund:20170221224917j:image

「普段はLCCなんて利用しない」という方で、「一度LCCがどんなものか試してみたい」「LCCってどれくらい普通の航空会社と違うんだろうか?」という人にはおススメする航空会社です。