読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールは繋ぐよどこまでも

ただのサッカーと投資と旅好きです。”世界で一番愛されるスポーツはサッカーである”これを信じて世界飛んでます(笑)主に観察メインです。

航空機搭乗レビュー:ラオス-ベトナム航空(ヴィエンチャン-プノンペン)

スポンサードリンク
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

〈航空会社〉ベトナム航空

〈搭乗日時〉2016/12/24(金) 11:30発 ヴィエンチャン-プノンペン
〈運賃〉¥22,444 
〈総評〉★★★☆☆

 

 

f:id:Doragon-Fund:20161226104453j:image

スポンサードリンク

 

 

航空券代高っっ!!

今確認のためにカード明細見たら変換レート119.149円。

高すぎるわ!

この区間のチケット取るの遅れたとは言え、非常に高い…

FXとかも多少かじってるのに、なんで1USD=100円前後のときに両替やら支払いをしなかったのか…

先のことをあまり深く考えていないせいだな…悔い改めよう…

そしてトランプ相場を怨もう…  

 

チェックイン

ヴィエンチャン国際空港の国際線ターミナルは首都とは思えないような小さな規模です。

現在工事していたのが増築であったりの分になるのかな?

その辺の事情はわかりかねますが、ものすごく小さい。びっくりした。

わかりやすくいうと佐賀空港とどっちが大きいか…ていうレベルです、まじで。

わかりにくいですが(笑)

もちろんチェックインカウンターも狭いターミナルのそのまた一部で、ベトナム航空とバンコク航空とたぶんあとラオ国営航空もあった気がしますがそれくらい。

その中の半分程度をベトナム航空のカウンターが占めており、搭乗者もほぼベトナム航空利用者です。

f:id:Doragon-Fund:20161226104553j:imagef:id:Doragon-Fund:20161226104616j:image

チェックインカウンターの皆さんは強面ですが、ここも受諾荷物の重量制限はエコノミーで20kgと余裕があるのですんなりセーフです。

f:id:Doragon-Fund:20161226104639j:image

ほんとうに狭く、観るところもないのでそのまま出国手続き、保安検査へ向かいます。

 

機内

ここはもうさすがベトナム航空、の一言ですね。

基本的にLCCを利用するのでナショナルフラグシップになるととても快適です(笑)

f:id:Doragon-Fund:20161226104731j:image

座席は十分なスペースが確保されており、サービスのドリンクも種類が豊富。

約1時間半程度のフライトですが、座席のゆったり感も非常にリラックスできて疲れのないフライトでした。

 f:id:Doragon-Fund:20161226104746j:image

軽食は小さいパンに2種類のハム3枚ずつと少量の野菜、ミニケーキでした。

拳より若干小さめのパン1つにハムが計6枚と非常に多く、できればパンがもう1つくらいは欲しかったですね(笑)

ケーキはとてもおいしかったです。食わず嫌い発揮して食べないでいようかとも思いましたが食べて正解でした(笑)

コーヒーとよく合い、とても満足。

 f:id:Doragon-Fund:20161226104810j:image

スポンサードリンク

 

 

このフライトはヴィエンチャン-プノンペンなのですが、この後給油してそのままホーチミンに向かうようで、ホーチミン行の方も結構乗ってました。

今までそんなフライトを経験していないので、飛行機に乗る際に少し間違えていないか心配になりましたが、いい経験でした(笑)

 

総合的にはその名に恥じない良いフライトだな、という感じで。

ただ「まあ、これくらいはね」という期待もあったので、評価としては平均値です。

今度はもっと長距離路線で使ってみたいですね(^^)/

 f:id:Doragon-Fund:20161226105148j:image

 

world-football-walker.hatenablog.jp