読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールは繋ぐよどこまでも

ただのサッカーと投資と旅好きです。”世界で一番愛されるスポーツはサッカーである”これを信じて世界飛んでます(笑)主に観察メインです。

1か国1都市目:韓国-ソウル 秒で後悔。

放浪編
スポンサードリンク
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

午後12時25分福岡発仁川行きT'way航空TW262便から世界一周スタートました。

f:id:Doragon-Fund:20161125173051j:image

 

今仁川で知人と待ち合わせをしているため、スタバで時間を潰しつつ記事を書いています。

 

前日は早く寝るつもりでいたものの、パッキングで悩み、結局寝たのは3時半過ぎでした。

 

 

仁川に着いて最初に感じたことと言えば、受託手荷物として預けていたバックパックを回収し背負って歩き始めた段階で、早くもバックパックではなくコロコロできるタイプのメインバックにしておけばよかったかなとの後悔です笑

私の場合は一般的な世界一周旅行者以上にガジェット類が多く、サブバックはほぼガジェット類だけで7kg前後の重量があります。

 

具体的に言えば、

〈一眼レフ〉PENTAX K-S2

〈レンズ〉 単焦点:PENTAX 35mm f2.4

      広角 :SIGMA 10-20mm f4-5.6

      標準 :SIGMA 17-50mm f2.8

      望遠 :PENTAX 55-300mm f4.5-6.3

コンデジ〉知り合いに貰ったOLYMPUS SH-25MR

〈ドローン〉DJI Mavic pro本体&コントローラー

〈アクションカム〉  中華メーカー版Gopro

 

重っっっっっ!!!!!!

書いてる段階で「重いわ!」と自分に突っ込みいれちゃうレベルですね、これは。

書いてるだけなら笑えますが、歩き始めたら一切笑えないです。

そもそもバックパック背負って前にサブバックって、イメージ以上に歩きにくいと感じてますが、他の人はそうでもないんでしょうか?

「そんなことはわざわざ言うに及ばず」ということなんでしょうか。

(世界一周系のブログはそこそこ見てたんですが、そこに関する記述があまりない印象なんですが、単に私がコロコロ推奨派の記事を注意して読んでいなかっただけなんでしょうが)

 

スポンサードリンク

 

 

個人的にはメインをバックパックにして、サブバックをKATA等のカメラリュックにしていた人の話を詳しく聞いてみたいです。

ちなみに私はカメラリュックではなく、YAKPAKのSQUARE RUCKSACKにし、この中にカメラ用のインナーケース等を入れてそこにカメラやレンズを収納する方法をとっています。

このリュックは背中部分はメッシュで肩紐部分もしっかりクッションが入ってますし、ジップはすべて止水ジップなので急な雨でも多少なら大丈夫です。

 

[ヤックパック] YAKPAK SQUARE RUCKSACK YP3004 BLACK (ブラック)
 

 

 

 ガジェット類だけでもこれだけ重さがあるので、飛行機のときはサブバックに詰められるものはほぼガジェット類のみ。レンズ1つと本体は街歩き用のメッセンジャーバックに入れて財布などと一緒に持ち込むので、それで重量制限はギリギリセーフといったところです。

比較的小さなメッセンジャーなのでいいようですが、もう少し大きいものになったり制限厳しいところでは引っ掛かることもあるのではないでしょうか。

 

若干話が脱線しましたが、これだけのガジェット類を詰めたサブバック(7~8kg)と生活用品等を詰めたバックパック(13kgちょい)は移動が相当億劫になる可能性を感じさせます。

これがコロコロバックなら今頃こんな記事を書かずに仁川空港内を探検しているんでしょうか。

今さらコロコロを買うようなこともできないので、早い段階で不要なものや少なくなるもの(シャンプー等)が出ててきて若干でも軽くなることを期待します。

 PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2 ダブルズームキット (ブラック) PENTAX K-S2 WZOOMKIT (BLACK) 11612