読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールは繋ぐよどこまでも

ただのサッカーと投資と旅好きです。”世界で一番愛されるスポーツはサッカーである”これを信じて世界飛んでます(笑)主に観察メインです。

必要不可欠:2016年発版長期海外旅行保険の検討

準備編
スポンサードリンク
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

«世界一周旅行者御用達の某社長期海外旅行保険が約50%の値上げ!!»

 

私が世界一周を計画するにあたって保険について調べてすぐに見つけた話題がコレでした。

今多くの人が参考にしているであろう世界一周旅行者のブログで見かける保険料金改定です。

昨今、イスラム国に代表される治安の悪化に伴う措置なのか、【1年間約15万円】と様々なブログで記載されていた最も人気のあった保険が20万円overに料金改定がなされ、むしろ若干高く感じるような価格になっていました。

 

 

世界一周をするうえで大きなウェイトを占める1つとなるのが【保険】。

考えられるリスクは少しでも潰しておくのがベストなのは言わずもがなでしょう。

 

しかし世界一周を計画する人には資金に余裕のない貧乏旅行の方も多く(私もその一人)、安く抑えられるものは少しでも安く抑えて旅行中の生活費や交通費にお金を割きたいというのが本音だと思います。

 

そこで私が調べる中で検討した案が以下の4つです(旅期間1年前後と仮定)

1.比較サイトを使って各保険会社の長期旅行保険のプラン内容、料金を比較

2.クレジットカード付帯の保険とグローブパートナーの組み合わせ

3.長期旅行保険に10か月分加入し、それ以上旅程が長くなる場合に保険の延長又はグローブパートナーに加入する

4.クレジットカード付帯の保険とグローブパートナーを使いつつ、不安な部分をバラ組みの保険でカバーする

 

 

スポンサードリンク

?

?

 

1.比較サイトを使って各保険会社の長期海外旅行保険のプラン内容、料金で決定

3つの中でもっとも単純かつ簡単な方法です。

観光・その他(個人での渡航) - 保険料サーチ | 海外旅行保険の比較サイトならi保険

上記URL先で比較することができます。

補償内容によって5万円前後の違いがあるので、不要な部分等をしっかりと検討する必要があります。

 

 

2.クレジットカード付帯の保険とグローブパートナーの組み合わせ

渡航後3か月までクレジットカード付帯の保険でカバーし、それ以降をグローブパートナーの保険に加入する、というプランです。

クレジットカードに保険が付帯しているものがあるのはご存知の方も多いと思います。

しかしあまり補償額が多くない、というイメージの方も多いのではないでしょうか。

確かにクレジットカード付帯の保険の場合、傷害死亡等の場合には複数のカードを持っていても高いほうの金額分しか貰えないという制限がかけてあります。しかしそれ以外の傷害治療であったりという部分では【各クレジットカード付帯の保険の補償額の合算】という補償額になります。ですので、期限として大半のカードで設定されている3か月以内までであれば、このカード付帯の分だけでもなんとかなるとも言えます。

 

長期で海外を回る方で問題なのは3か月目以降です。

クレジットカード付帯の保険では3か月までしか補償されず、しかも国内の保険会社の保険は出発前に加入することが条件にされていることがほとんどなのです。

そこで解決策の1つとして考えられるのが、世界最大の保険会社であるアリアンツ社と総合保険代理店ASSETS社が共同で開発した保険商品であるグローブパートナーです。

 

海外旅行・留学・ワーホリ保険のグローブパートナー | ASSETS ASSURANCES

 

この保険のポイントは、【出発後でも加入できる】という点です。

クレジットカード付帯の保険があるという方であれば、出発後3か月分の長期海外旅行保険を重複してかけないといけないという状況になるため、もったいなさを感じる方もいるのではないかと思います。貧乏旅行ならなおさらです。

そこで解決策の1つがこの方法です。

この保険の注意点の1つに、【出発後の加入であれば直前まで同等の保険に加入していること】が加入条件になるのですが、この方法で検討するのであれば問題ないと思います(詳細については直接お問い合わせください

ただこの保険はHPでも記載されている通り、

海外旅行中、留学中のいざという時に本当に必要な医療補償・アシスタント補償・一般賠償責任補償を手厚くし、必要がないと思われる補償をなくした安心補償+コストパフォーマンス追求型の海外旅行傷害保険」

ということで、通常加入する長期海外旅行保険に比べて補償される範囲に制限がある点には要注意です。あくまでも”本当に必要な”場合の保険です。

治療費用は年間最高€150,000(1ユーロ=115円換算で1,725万円)まで、損害賠償保障は人的損害:最高€4,500,000(同上換算で約5億円)、物的損害:最高€450,000(同上換算で約5,000万円)等しっかりとついていますが、死亡補償等については全くと言っていいほどの内容です。携行品損害等もついていないので、そのあたりをしっかりと割り切れる人向けといえるでしょう。

 

 

3.クレジットカード付帯の保険とグローブパートナーを使いつつ、不安な部分をバラ組みの保険でカバーする

上記の3に加えて、不安な部分だけバラで出発前に加入するという方法です。

グローブパートナーの場合には死亡補償系の補償がほぼほぼないですし、携行品損害等の補償もないので、こういった不安な部分だけ出発前にバラで保険に加入していくという方法です。

この方法は実際に問い合わせをしていないので、どの程度バラで組めるのかわからない部分があるのですが、うまくやれれば人気のあった保険程度の金額で同程度の保険を組めるのではないでしょうか?

 

 

4.長期旅行保険に10か月分加入し、それ以上旅程が長くなる場合に保険の延長又はグローブパートナーに加入する

私が実際に今考えているのがこの案です。

計画としては約1年を考えているのですが資金面での問題もあり、約10か月程度が現実的なところかなと仮定して出発前に10か月分の保険に加入し、それ以上の旅になる場合にグローブパートナーに加入して対応するつもりです。

グローブパートナーについては、以下に詳しく記載されている方のブログがあったのでそちらを参考にされてください。

www.gotravelife.com

私の場合は1年前後の計画ですがどこまで節約できるのか等まだはっきりとわからない部分も多いので、とりあえず10か月分加入します。

グローブパートナーの場合には自分でやることがそれなりに多いようで、上記ブログでも非英語圏での補償はあまりおススメされていません。

私の場合にはアジア→アフリカ→欧州→北中米で考えているので、出発から10か月以上になる場合には北米圏に入ることと仮定し、これ以降の分をグローブパートナーで対応しようと考えています。

 

 

*記載されている内容はあくまでも私個人が調べた中で感じたこと等を中心にしているため、不確実な情報も含まれる場合があります。必ずご自分で調べ、問い合わせすることをお願いします